¥マークが表示できない
¥を使う必要がある

普通に「¥」を入力して表示を確認すると
「\」と表示されてしまいます
ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスを動画で楽々マスター!動画パソコン教室!【楽ぱそDVD】オフィス2016
最近の記事
2015年03月24日

今度はコマンドプロンプトからシャットダウン

今度はコマンドプロンプトからシャットダウン
windows 2012

つい先日、コマンドプロンプトから
再起動覚えたばかりでしたが・・・

今度は、シャットダウンするという

コマンドプロンプトから

こちらも知りません・・・
やったことない・・・・

GUIからやれば・・・

できないようになってます
サーバです

検索してみます
ありました

コマンドプロンプトからシャットダウン
shutdown /s /t 0

すぐシャットダウン

うまくいきました


win 2012 R2
シャットダウン
コマンドプロンプト

windows linux excelなど困ったこと/a>


posted by IT特定派遣さん at 20:48 | windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コマンドプロンプトから再起動

コマンドプロンプトから再起動
win 2012

なんでコマンドプロンプトから??

サーバーなので
使えないようにしてあるようです

やったことない・・・

コマンドしらない・・

検索してみました

Windowsの再起動(コマンドプロンプトか)

shutdown /r /t 0

すぐに再起動ってコマンドのようです

うまくいきました


windows linux excelなど困ったこと/a>
2015年03月05日

windows 2012 R2 このフォルダーにアクセスする許可がありません

windows 2012 R2 このフォルダーにアクセスする許可がありません

administratorでも
「このフォルダーにアクセスする許可がありません」と表示されてしまいます

なにもできません

Cドライブにもアクセスできません・・・・

---------------------------------------
ファイル名を指定して実行
「regedit」

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System

「EnableLUA」

こちらの値を
「0」にする
---------------------------------------

windows server 2012 R2 このフォルダーにアクセスする許可がありません
なにもできなくなりました・・・・
posted by IT特定派遣さん at 06:39 | windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年02月06日

word 2010 タイトル行の繰り返し 2ページ以降の表の表示位置

word 2010 タイトル行の繰り返し 2ページ以降の表の表示位置

Googleで検索してみましたが

この「タイトル行の繰り返し」を使用すると

2ページ以降の表の表示位置の表示位置を設定

調整するの無理そう??

2ページ以降の
「タイトル行の繰り返し」により

タイトルが先頭からスタートしてしまうようです。
----------------------/
word 2010
タイトル行の繰り返し
----------------------/
では、ページ毎に
表を作成する

タイトルもページ毎に作成する

タイトル行の繰り返し→使用しない
表をぺーじごとに分割して作成する

このような解決策になるようです・・・
posted by IT特定派遣さん at 06:42 | word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

word 2010 表の表示位置 2ページ以降

word 2010 表の表示位置 2ページ以降

表の表示位置がうまくいかない・・・

2ページ以降もある表なので
タイトル行の繰り返し」を使用してます

このため??
2ページ以降もある表の開始位置が

表の開始位置を制御したい

ネット見る限り、こちらで表の表示位置を制御できそうなのですが・・
表のプロパティ-位置
表のプロパティ-オプション

2ページ以降もある表の開始位置がうまく調整できない・・・・


できるのでしょうか??


2ページ以降もある表なので
タイトル行の繰り返し」を使っての
表の表示位置を調整するのは??
posted by IT特定派遣さん at 06:18 | word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年02月03日

outlookのアカウントが削除できない

outlookのアカウントが削除できない

outlookの2010? 2013
でアカウントを削除しなければ

通常のアカウントの削除

情報→アカウント設定→アカウント設定→削除

通常のアウトルックのアカウント削除は
これでいけるようですが、うまく削除できません

Google検索してみました

これがいけそう。
-------------------------------------------------------
データ ファイルを追加後にアカウントの削除
1. [ファイル] - [アカウント情報] - [アカウント設定 (A)] - [データ ファイル] タブ
2. [追加] - [OK] (ファイル名はそのまま
3. [電子メール] タブ、削除したアカウントの削除
-------------------------------------------------------

実際に、outlook 2010(2013)のアカウント削除
やってみました。
データファイルを追加して
削除したいアカウントの削除・・・

うまくいきました

いちお、他に試そうとおもってたのは
-------------------------------------------------------
プロファイルを削除する 全アカウント・全データファイルの一括削除が可能
Outlookを終了する
コントロールパネル−「メール」をクリック
「プロファイルの表示」をクリックし、プロファイルを削除する
-------------------------------------------------------
これは実行しなくて、今回は済みました

outlook(アウトルック)のアカウント削除できないって
結構たくさんあるみたい、Googleで検索してみると
posted by IT特定派遣さん at 07:53 | outlook | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年09月06日

isoファイルからインストールしたい

isoファイルからインストールしたい

isoファイルをダウンロード

isoファイルは、一度DVDなどに焼いて
インストールする流れになると思ってましたが・・・

isoファイルから直接、インストールできる方法が

通常の物理のパソコン上でなく
仮想上 vmplayerの上に
vmplayer のOSにインストールする方法があるんです

vmplayer の設定で
isoファイルを指定する箇所があり
vmplayer でisoファイルを使えるようになります

-------------------------
今回の状況
物理 OS win 7
-------------------------
仮想 vmplayer
物理 OS 2012 Server
isoファイルでアプリのインストール
-------------------------

windows linux excelなど困ったこと
posted by IT特定派遣さん at 18:15 | isoファイルからインストールしたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年03月01日

間違って消したものを戻すには、復元にはどうすれば?

間違ってディレクトリ消してしまった・・・

windows Xpを使用してます。

Shiftキーを押しながらのDeleteキーを押したので
ゴミ箱に入らず削除してしまいました。

間違って消したものを戻すには、復元にはどうすれば?
方法あるのか??

Googleで検索してみました。

すると、無料のソフトをインストールすれば
フリーのソフトをインストールすれば
元に戻す可能性があるみたい。
いろいろ、フリーなのにあるみたいです。
無料ファイル復元・データ復旧ソフト一覧
http://freesoft-100.com/pasokon/recovery.html

あと、システムの復元ってもので
パソコンのデータをある一定まで
元の状態に戻す方法も。
(winxpでは、一部とか、特定の部分とか無理そう)
(全体で一括して、前の状態に戻す感じ)
こちらも元に戻す可能性があるみたい。


どちらの方法の、可能性がってことみたいで
絶対 100%ではないようです。

windows linux excelなど困ったこと

posted by IT特定派遣さん at 09:10 | windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

windowsで、grepコマンドが使えるなんて

windowsのパソコンでgrepコマンド

windowsで、grepコマンドが使えるなんて
知りませんでした。

grepコマンド使うには、grep.exeを
C:\Windowsの直下に配置するのみ。


grep.exeを入手するには、下記から。

Windows版Grep(コマンドライン用)
コマンドラインから起動するGrep 正規表現にも対応 オプションでフォルダ内を再帰的にGrep出来る
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se365621.html


上記から、grep.lzhをダウンロード
grep.lzhを展開?解凍?
すると、grep.exeができます。

このgrep.exeをC:\Windowsの直下に配置する。

コマンドプロンプトでgrepと入力し
enterキーを押すと、grepが使えることが確認できます。


検証環境は
win7です。

windowsで、grepコマンド
C:\Windowsの直下に配置するのみ。
grep.exe

windows linux excelなど困ったこと
タグ:検索 grep Windows
posted by IT特定派遣さん at 04:26 | windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年01月28日

ho ux r 履歴番号

hp uxでhistoryコマンドで履歴番号のコマンドを実行する

historyコマンドを実行し
履歴コマンドと履歴番号が表示されます。

hp uxでは、「!履歴番号」で実行できない?

ho uxで、historyコマンドで履歴番号のコマンドを実行するには
「r 履歴番号」

「r」 スペース 履歴番号でhistoryコマンドで表示した
履歴コマンドを実行できます。



hp ux historyコマンド 履歴番号
「r 履歴番号」
タグ:履歴 ho ux history
posted by IT特定派遣さん at 06:12 | HP-UX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
windows linux excelなど困ったこと