¥マークが表示できない
¥を使う必要がある

普通に「¥」を入力して表示を確認すると
「\」と表示されてしまいます
ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスを動画で楽々マスター!動画パソコン教室!【楽ぱそDVD】オフィス2016
最近の記事
2017年11月03日

【ブリッジ接続】CentOS7「DHCP」にインターネット接続は?PINGは

20171103_gestOS_dhcp_centos7_1.jpg

VMware Playerで「CentOS7」ゲストOSとして
「ブリッジ接続」でゲストOSのネットワーク設定では
「固定IPアドレス」を使いたいって


グローバルIPアドレスもちろん持っていませんが

となると、プライベートIPアドレスでインターネット接続できる?
PING送信できるようになる?
VMware Player環境上の「CentOS7」ゲストOSから

ずーと、これ試していました。
ホストOSとして、Windows7の32ビット版のパソコンで

固定IPアドレス」が
ゲストOSからインターネット接続できない原因かも??

だったら、
ゲストOSの「CentOS7」のネットワーク設定で

「固定IPアドレス」でなくて
DHCPに切り替えてみては?

ホストOSのWindows7も
もちろん「DHCP」だしって事で試してみました。


20171103_gestOS_dhcp_centos7.jpg


CentOS7では
ネットワークの再起動コマンド


これがエラーなく実行できると
大丈夫そうな感じですが

systemctl restart network.service

この設定ファイルを変更して
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0


ネットワークの再起動コマンドを実行したら
エラーにならないか?

いつもドキドキですが

CentOS7コマンド
ip a
IPアドレスの確認コマンド

DHCPのIPアドレスの取得できています。


ip r
デフォルトゲートウェイを取得できているか?
20171103_gestOS_dhcp_centos7_3.jpg


PING送信確認してみます。

ping www.yahoo.co.jp

ping 8.8.8.8

しっかりと、インターネット接続

PING送信して応答を確認する事ができました。

とうとうです。

ようやく、VMware Playerで「CentOS7」ゲストOSとして構築して
ブリッジ接続で

インターネット接続したい

PING送信確認したいって

固定IPアドレスでずーと設定して
試行錯誤していましたが

ゲストOSのCentOS7のネットワーク設定で
「DHCP」を設定する事で


そうそう、外部と接続出来たの確認できました。
20171103_gestOS_dhcp_centos7_5.jpg
posted by IT特定派遣さん at 20:56 | 仮想環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【CentOS7】ゲストOSネットワーク設定を固定IPアドレスからDHCPに

20171102_vmware_centos7_OS2.jpg

ゲストOSとして「CentOS7」環境を作って
こちらに固定IPアドレスを設定して


ゲストOS「CentOS7」から
インターネット接続したい。
PING送信ができるようになりたい。

うーん、ホスト側Windows7が「DHCP」なのに
「グローバルIPアドレス」持っていないし

もしかして、無理?出来ない事に
何回も、色んな所を

ホスト側OSの
Windows7の設定を確認したり

仮想環境を構築のための
「VMware Player」の設定を確認したり

ゲスト側OSの
CentOS7の設定を確認したり・・・

本やインターネットで
検索したり情報収集したけど・・・

ゲストOS「CentOS7」
固定IPアドレスが無理なら


「DHCP」に変えたら

もしかして
ゲストOS「CentOS7」から
インターネット接続が

インターネットに
PING送信できるのではって?

今まで

ずーと
「CentOS7」のネットワーク設定では

固定IPアドレスのみを

調べて、設定して

検証してきたけど

固定IPアドレスを設定していたファイルを

「DHCP」するのは

簡単?

ダメ元で挑戦してみようと


「CentOS7」の
ネットワーク再起動コマンドで
エラー発生してしまうかも??

コマンド
systemctl restart network.service


ゲストOS「CentOS7」の
固定IPアドレスを
「DHCP」に変更するファイルは

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

「DHCP」を使うには、ここ
BOOTPROTO=dhcp

「IPV6」に関する項目も一緒に削除しました。

いろいろ
「CentOS7」では
無効化にもしているので
「IPV6」に関しては

ずーと、固定IPアドレスのみにこだわって
ゲストOS「CentOS7」に
こだわってきましたが

20171102_vmware_centos7_OS.jpg


CentOS7のコマンドとして
IPアドレスの確認は
・ip a

デフォルトゲートウェイの確認
・ip r

あとは
何度も何度も実行して、繰り返しています
ネットワークの再起動
・systemctl restart network.service


「VMware Player」を使って
ホストOSとゲストOS「CentOS7」を
「ブリッジ接続」で

この1点で調べたり、検証したり
「ブリッジ接続」が
つながりやすいみたいなので
posted by IT特定派遣さん at 03:58 | CentOS7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【VMwarePlayer】仮想OSをWindows7にCentOS7を、固定IPアドレスは

201710103_win7_centos7_brige1.jpg

仮想環境で、仮想マシンでIPアドレスが悩みどころになるのでは?
その辺りの知識がないために

Windows7の32ビットのパソコンに
仮想環境のために
VMware Playerを使って
CentOS7のLinux環境を作ろうと

やっぱり、ゲストOSのCentOS7から
インターネット接続できるようにしたい

PING送信も、外部に対してできるようにしたいって

でも
「IPアドレス」どうすればいいんだろうって・・・

通常の
Windows7の32ビットのパソコンでは
DHCPで自動的に
「IPアドレス」が振られてるけど

ホストOS側の
Windows7が
DHCP」で

ゲストOSのCentOS7では

どうすればいいんだろうって??

IPアドレスって

「グローバルIPアドレス」と
「プライベートIPアドレス」


もちろん、「グローバルIPアドレス」持っていないけど

「プライベートIPアドレス」だと

インターネット接続できないのでは?


単純に考えると
ホスト側が「DHCP」使っているから
ゲスト側でも「DHCP」を使うのがよさそうだけど

固定IPアドレスで
CentOS7

ゲスト側のOSに設定できそうな感じも?
「グローバルIPアドレス」持っていないけど

本を見たり

インターネットで検索してみていくと

うーん、

ゲストOSに固定IPアドレスを設定する感じは
ゲスト側のOSのネットワーク設定的には
ホストOS
Windows7環境の
ipconfigの情報を

ゲストになるOS
CentOS7に
設定していくような感じですね。


Windows7環境の
ipconfigの結果
「IPアドレス」
「デフォルトゲートウェイ」

この値を確認して

CentOS7環境のネットワーク設定する流れに

「DHCP」を使っている環境の
Windows7で
ipconfigの結果として

「IPアドレス」
・58.80.157.xxxx
「デフォルトゲートウェイ」
・58.80.157.ssss


この値を元に
ゲストOSに反映させる場合に
「IPアドレス」
・58.80.157.PPPP
「デフォルトゲートウェイ」
・58.80.157.ssss


色んなサイト、本を見る限り

このように

3つまで同じにして
「IPアドレス」に関しては
・58.80.157.

「デフォルトゲートウェイ」に関しては
・58.80.157.ssss
ホスト側の値をそのまま
ゲストのネットワーク設定の値として使うみたいです。


Windows7のホスト側と
CentOS7のゲスト側と
PING送信ができるようになったけど

外部との接続

インターネット接続が
仮想環境上の「ゲスト側」から
CentOS7から

PING送信できないのが続いていて


いろいろ
「グローバルIPアドレス」持っていないけど

固定IPアドレスで
試してきましたが・・・・

上手くいかない感じ

仮想環境、仮想マシンのために
使用している「VMware Player」では

「ブリッジ接続」を選択して
201710103_win7_centos7_brige.jpg

VMware Network Adapter VMnet1
VMware Network Adapter VMnet8
が表示されています。
Windows7の環境上では

「ブリッジ接続」では
VMware Network Adapter VMnet0を
使う事になるようですが

Windows7の環境上では
表示されない??

この辺りから
ちゃんと「VMware Player」で
「ブリッジ接続」ができているのかどうか?

ホストOS側と
ゲストOS側と


IPアドレスの
「グローバルIPアドレス」と「プライベートIPアドレス」

インターネットを使うためには
接続するには

どういう必要があるって

明確に分かっていないから

ホストOSと
ゲストOSと

設定する値

固定のIPアドレスを使えるのかどうか?って事が

よく見えないのかも??
タグ:CentOS7
posted by IT特定派遣さん at 03:25 | 仮想環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年11月01日

【ブリッジ接続】「仮想ネットワーク エディタ」エラーvm-support

VMware Player「仮想ネットワーク エディタ」でエラーが発生して
エラーメッセージを

英和で調べてみました。

VMware Workstation unrecoverable error
VMware Workstationの回復不可能なエラー

To collect data to submit to VMware support, choose "Collect Support Data" from the Help menu.
VMwareサポートに提出するデータを収集するには、[ヘルプ]メニューの[サポートデータの収集]を選択します。


You can also run the "vm-support" script in the Workstation folder directly.
Workstationフォルダ内の "vm-support"スクリプトを直接実行することもできます。

もしかして、このスクリプトが
VMware Player「仮想ネットワーク エディタ」でエラー解決に解消には必要?

かと思って

Windows7で
VMware Playerフォルダで

"vm-support"スクリプト

を検索してみると

ありました。
20171101_vmwareplayer_vmscripts.jpg


「vm-support.vbs」という名前のファイルがありました。


もしかして、この

「vm-support.vbs」スクリプト実行で

VMware Player「仮想ネットワーク エディタ」でエラーなくなるかも??


Windows7の環境での
実行になります。


仮想環境を構築していると

どの環境で実行するとか
確認するとか
混乱してしまいがちですが。


念のために
環境状況的には
ホストOSとして
Windows7の32ビット

VMware Playerを使用して

仮想環境上に

ゲストOSとして
CentOS7

ブリッジ接続したい。

インターネット接続ができるように

仮想環境の
ゲストOSのCentoOS7から


こちらが実現できていません・・・・

そこで
VMware Player「仮想ネットワーク エディタ」

という存在を知って

ブリッジ接続を明示的に設定できる

VMnet0に

という流れですが

肝心のVMware Player「仮想ネットワーク エディタ」

ブリッジ接続の設定の所でエラー発生中です。
posted by IT特定派遣さん at 06:55 | 仮想ネットワーク エディタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ブリッジ接続】VMware「仮想ネットワーク エディタ」でエラーが

20171101_vmware_player_error.jpg

VMware「仮想ネットワーク エディタ」でエラーが発生です。
ブリッジ接続の設定をしようと


「vmnetcfg.exe」を実行して
VMnet0
ブリッジ先を指定して

「OK」をクリックすると

20171101_vmware_player_error1.jpg


このようなエラーメッセージが
表示されています。

VMware Workstation Error
VMware Workstation unrecoverable error: (vthread-4)
Unicode_FindSubstrInRange: invalid UTF8 string @ 17C7908
"C:¥Users¥xxx¥xxxx¥xxxx¥Temp¥vmware-test¥vmware-vmnetcfg-6492.log".

To collect data to submit to VMware support, choose "Collect Support Data" from the Help menu.
You can also run the "vm-support" script in the Workstation folder directly.
We will respond on the basis of your support entitlement.


実行環境は
Windows7の32ビットのノートパソコンで


vmnetcfg.exe」を実行した結果です。


Windows7に
VMware Playerをインストールして

仮想環境上に
CentOS7を構築

ブリッジ接続

ゲストOSの「CentOS7」からインターネット接続できない・・・・

PING送信が成功しないという事で


VMware「仮想ネットワーク エディタ」
というものがあるとして

これをダウンロードして

ようやく

ブリッジ接続時に使用すると思われる

VMnet0」を確認できて


そちらに、ブリッジ先を指定して

うまく行きそうな予感がしていましたが・・・


ダイヤログに
出力ログのパスが記載されていたので

いちお見てみましたが

うーん、ダイヤログのエラーメッセージくらいしか?

良く分かりません・・・・


同じ事がログ上で表示されているみたいだけど・・・・


エラーメッセージで

検索してみないと


インターネット上で
英和で検索してみました
エラーメッセージを
You can also run the "vm-support" script in the Workstation folder directly.

こちらが
このような和英してくれました。
あなたはまた、直接ワークステーションのフォルダ内の「VM-サポート」スクリプトを実行することができます。
posted by IT特定派遣さん at 05:57 | 仮想ネットワーク エディタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月29日

【CentOS7】ネットワーク設定「ens」表示しない、CentOS.vmxに追加

20171029_vmwarePlayer_centos7_2.jpg


VMware PlayerでゲストOSとして「CentOS7」を構築して
CentOS7」なので

ifconfigコマンドでなくて
「ip a」のコマンドで
IPアドレスを確認です。

でも、
VMware PlayerでゲストOSとして「CentOS7」で
IPアドレスが確認できない?


ip aコマンドで

今回のゲストOSとして「CentOS7」では

「ens33」というものが表示されなかった問題では

「VMware Player」の

設定ファイルの編集が必要となっているようです。

対象のファイルが
CentOS.vmx


VMware Playerでインストールした時にできたフォルダ
「CentOS」フォルダの直下に

「CentOS.vmx」があります。

20171029_vmwarePlayer_centos7.jpg


このファイルに
1行追加する必要がありました。


etherner0.virtualDev = "e1000"
20171029_vmwarePlayer_centos7_1.jpg


CentOS.vmx」ファイルに
1行追加しないと
etherner0.virtualDev = "e1000"」を記入して保存しないと


VMware PlayerでゲストOSとして「CentOS7」で

IPアドレスの確認

ネットワーク設定が出来ないという事みたいです。


たしかに、
「CentOS7」なので

ifconfigコマンドでなく

ip aコマンド実行で

しっかり
今回の場合では

「ens33」が表示されるようになりました。


仮想化環境で

このような状況

「ensxx」が表示されないって

事象が多々あるようです。


仮想環境の場合は
どこを修正すべきか?

かなり悩みますよね。

ホストOS側の設定?

それとも

ゲストOS側の設定??

はたまた

今回の仮想化では

VMware Playerを使っているので

こちらの設定変更が必要?

今回のCentOS7の仮想環境構築では

知らない、分からない事ばかりです・・・


CentOS7から
コマンドがガラッと変わっているようです。

今まで使えていたコマンドが
変ってしまっている、使えない様になっているようです。
posted by IT特定派遣さん at 18:56 | VMware Player | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月28日

【ブリッジ接続できない?】ホストOSにループバック アダプタが

20171028_vmplayer_brige_centOS7_12.jpg

仮想環境「VMware Workstation Player」でブリッジ接続したい。
CentOS7の環境を作って


Windows7の32ビットのパソコンに

「VMware Player」でゲストOSとして
CentOS7を作って

このゲストからインターネット接続がどうしてもできません。

ブリッジ接続」では
簡単にゲストOSからもインターネット接続できるようなんですが・・・・

もちろん、CentOS7のネットワーク設定を確認して

あとは、CentOS7の
ファイアウォールと、SELINUXを停止したり

さらに、ホストOS側の
ウィルス対策ソフトの停止

ファイアウォールの停止など

どこまで確認すれば・・・

と思っていたんですが


そういえば
ホストOSとして使っている
Windows7の32ビットのパソコンに
「ループバック アダプタ」をインストールしています。


どうやら、
「VMware Workstation Player」でブリッジ接続できない

インターネット接続できない原因は

簡単にゲストOSから
インターネットに、デフォルトゲートウェイにPING送信できないのって

ループバック アダプタ」が
Windowsに入っている可能性が・・・・


「vmware」のホームページで
このようなタイトルのページを見つけました。

ホストにループバック アダプタがインストールされていると、ブリッジ型ネットワークが動作しない (2076912)

https://kb.vmware.com/s/article/2076912?language=en_US&r=2&Quarterback.validateRoute=1&KM_Utility.getArticleData=1&KM_Utility.getArticleLanguage=2&KM_Utility.getArticle=1


この状態、現状に

仮想環境の
ゲストOSのCentOS7から

ブリッジ接続

インターネット接続できないという事と

一致しているような気が・・・

無効設定にしていますが
「Micrsoft Loopback Adapter」

これではダメ??

ブリッジ接続接続できない事になっている感じ

20171028_vmplayer_brige_centOS7_13.jpg

今回は

「VMware Workstation Player」でブリッジ接続したいという事で

VMnet1
VMnet8
ともに「無効」設定にしています。
posted by IT特定派遣さん at 18:17 | 仮想環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【VMwarePlayer】vmwareから仮想ネットワーク エディタをゲストOS

20171028_vmwarePlayer_vmnet.jpg

どうしてもゲストOSから、「CentOS7」から
インターネット接続ができない。ブリッジ接続をしたい

Windows7に、「VMware Workstation Player」を使って
「CentOS7」を構築しましたが。

色々検証してみたりしましたが

どうしても、ゲストOS「CentOS7」のネットワーク設定を確認したり
しましたが、デフォルトゲートウェイにPING送信できない状態です。

インターネットに接続できない状況です・・・・

今日も解決のために
インターネットで検索してみると

「仮想ネットワーク エディタ」というワードが

「vmware」のホームページで見かけました。


そういえば、今まで散々

インターネット接続ができない。
「VMware Workstation Player」上の
「CentOS7」から

検索していると

GUIのネットワーク設定をできる画面を見ていましたが


どうやら、今日「vmware」で見かけた

「仮想ネットワーク エディタ」というものになるようです。


これを使えば

「ブリッジ接続」でインターネットを


ゲストOSから、「CentOS7」から行えるようになりそうな予感。


「仮想ネットワーク エディタ」というものをダウンロードしないと

いけないようです。

「vmware」から


登録しないと
ダウンロードできないようなので

フリーメールアドレスで登録して

----------------------------------------------------
VMware Workstation for Windows

ファイル サイズ: 490M
ファイル タイプ: exe

VMware Workstation for Windows
Product installation including VMware Tools for 32-bit and 64-bit operating systems.
MD5SUM: 4adc77d37ae1107950156b6d330ac948
SHA1SUM: 576f6e8df106aabd164bb3ba625b939d3270b1e6

Name: VMware-workstation-full-10.0.0-1295980.exe
リリース日: 2013-09-03
ビルド番号: 1295980
-------------------------------------------------------

今回はこちらをダウンロードしてみました。

ホストOSが
32ビットの「Windows7 Home Premium」になります。

「VMware Workstation Player」の
「vmware」から

ダウンロードという事で


とうとうゲストOSの「CentOS7」から
デフォルトゲートウェイに

インターネットにPING送信できるようになりそうな予感です。

20171028_vmwarePlayer_vmnet1.jpg


ブリッジ接続をするには
VMnet1
VMnet8
を使わないような感じ、検索してみると

「ブリッジ接続」には
VMnet0が必要みたいだけど

Windowsのネットワークの所を見ても

VMnet1
VMnet8しか表示されていなくて・・・・

無料の「VMware Workstation Player」を使っているかなって?

思っていたけど??

ここの所を

「vmware」から
「VMware-workstation-full-10.0.0-1295980.exe」をダウンロードして

「仮想ネットワーク エディタ」を使えるようになると

GUI上で見れるようになるはず??


ブリッジ接続に必要なはずの

VMnet0が・・・・
posted by IT特定派遣さん at 16:52 | VMware Player | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月27日

【CentOS7】VMware Playerで環境作ったけど、コマンドが変って

CentOS7を仮想環境で「VMware Player」を使って
Windows7の32ビットに作ってみました。


CentOS7から
使えるコマンドがガラッと
変ったみたいです。

もう何度も実行しているから
ネットワークの再起動コマンド
systemctl restart network.service

これを繰り返し実行しているので
覚えてしまいました。


インターネットで
CentOS7でネットワーク関係
インターネットつながらないなど
色々検索していますが

コマンドが
検索結果で表示されたものが

CentOS7でないと

CentOS7では使えないとか


CentOS7で使えるコマンドを調べる流れに・・・・


あとは、
ifconfigでなくて

ip a
IPアドレスの確認で
このコマンドも良く使っています。



デフォルトゲートウェイ設定できているか確認で
ip r


ファイアウォールの確認は
ステータス確認
systemctl status firewalld

ストップさせるコマンド
systemctl stop firewalld


何度も試して
繰り返し実行している

コマンドから

CentOS7のコマンド使えるようになりつつあります。

参考に見ている本なども

CentOS6などで
設定されていたりするので

コマンドがなかったり

別のものが推奨になっていたり


ここまでガラッと
CentOS7と

今までのCentOS変わっているとは・・・

「CentOS7」
で調べたい情報

内容って

まだまだ検索でヒットしづらい感じですね。


そうそう今回は
「VMware Player」を使って
Windows7に
「CentOS7」を構築していますが

インターネットを検索していると

仮想化には
「VMware Player」より


「VirtualBox」が今は使われている人多いみたいです。

こちらを使った仮想環境構築のサイトなどたくさんあるようです。
posted by IT特定派遣さん at 06:01 | CentOS7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月26日

【PINGが通らない】ゲストCentOS7から、インターネット接続ができない

20171025_gestos_centos7.jpg


CentOS7からインターネット接続ができません。
ゲストOSになります。「CentOS7」
インターネット接続のための、PINGが通らない。

YAHOOに送信確認していますが


ネットで検索して見た所

もしかして
ファイヤーウォールが原因かも?

問いことで

CentOS7で「ファイヤーウォール」を確認してみて

インターネット接続できるか試してみました。
PINGが通らない状態から脱したいですが・・・

CentOS7だと
コマンドがいろいろと変わっているようですが

今回は
「ファイヤーウォール」起動確認してみます。
systemctl is-enabled firewal.d

いやいや、これは自動起動って事だったみたいですね。

enabled
と表示されたので

有効になっているって事みたいですね。


「ファイヤーウォール」を停止してから

CentOS7から

インターネット接続の確認しないといけなかったみたいです。

PINGの送信が可能かどうかを確認しないと


まず、「ファイヤーウォール」を停止

systemctl stop firewalld

20171025_gestos_centos7_1.jpg


systemctl stop firewalldのコマンドが
成功したようなので


PINGの確認してみると・・・

やっぱり、まだPINGが通らない

んんもしかして

systemctl stop firewalldのコマンド

本当に成功していた?


「ファイヤーウォール」ステータスを確認してみると

Active:inctive(dead)
が表示されていると

ゲストOS「CentOS7」の

「ファイヤーウォール」停止している事のようだけど


まだ、まだPINGが通らない

ヤフーにも・・・

posted by IT特定派遣さん at 07:35 | 仮想環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
windows linux excelなど困ったこと