¥マークが表示できない
¥を使う必要がある

普通に「¥」を入力して表示を確認すると
「\」と表示されてしまいます
ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスを動画で楽々マスター!動画パソコン教室!【楽ぱそDVD】オフィス2016
最近の記事
2017年11月18日

【NAT接続】VMware PlayerポートフォワーディングTeraTermから成功

VMware Playerを使って「NAT接続」そして
ポートフォワーディング

ホストOSからTeraTermを使って
ゲストOSのCentOS7にアクセスしたい

「NAT接続」では
外からのアクセスができないみたいだから
「ポートフォワーディング」設定が必要になるみたいですから

仮想マシン上の
CentOS7になります。

20171118_nat_portfoward_centos7.jpg


ホストOS
Windows7の32ビットから
TeraTermを使って
ゲストOSのCentOS7にログインした画面

20171118_nat_portfoward_centos7_1.jpg


VMware Playerを使っての
「ポートフォワーディング」設定には

「vmnetcfg.exe」という
仮想ネットワークエディタが必要という事みたいです。

こちらを取得するのに
無料会員登録みたいなのして
ダウンロードしてみました。

NAT接続で
「VMware Player」を使ってという事が

外から、外部からアクセスできない事を解消、解決には必要という事は

インターネット上の検索で分かりました。

でも、最も勘違いしていたというか
分かっていなかったのが

NAT接続
VMware Playerで
ポートフォワーディング

こちらに、
ホストOSからTeraTermからアクセスするという事に関して


TeraTermからのアクセスするための
IPアドレスになっていました。

実際には、
TeraTermからのアクセスには
IPアドレスを

ホストOSのIPアドレスを指定して
ゲストOSのCentOS7のユーザーとパスワードでログインするという事。

てっきり
ホストOSから
TeraTermからのアクセスには


ゲストOSのCentOS7の
IPアドレスでアクセスしていくものかと思っていましたが・・・・


この流れだと
ブリッジ接続」では
直接
ゲストOSのCentOS7に
IPアドレス指定して
TeraTermから接続できたけど

まさか?
想定外というか
「ポートフォワーディング」が分かっていない

そして、「NAT接続」が理解できていないため

まさかまさか、
TeraTermから接続先として
指定するIPアドレスが

ホストOSのIPアドレスだったとは・・・・
今回で言えば
Windows7のIPアドレスになりました。
(こちらは、DHCPでアドレス取得にしています)

ゲストOSのCentOS7でも
DHCPでアドレス取得しています。

これで「NAT接続」
posted by IT特定派遣さん at 07:15 | VMware Player NAT接続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年11月17日

【NAT接続】VMware Player外部からゲストOSのCentOS7にはアクセスは

VMware Playerで「NAT」接続
仮想マシンCentOS7から
外部に、インターネットに接続できるけど

外部からは
仮想マシンのゲストOSである
「CentOS7」にはアクセスできないはず。
VMware Playerで「NAT」接続では
そういうものみたいです。

ポートフォワードという方法、設定をしないと
これをすると、外部からも
ゲストOSにアクセスできるようになるみたい。

「NAT」接続では
ホストOSとゲストOSの
疎通確認もできないというものみたい。


そういえば
ホストOSにTeraTermを入れて
ブリッジ接続の時には

TeraTermからゲストOSに接続できるか確認したけど

という事は

VMware Playerで「NAT」接続で
ゲストOSのCentOS7には
アクセスできないはず。

これが正しい姿になるはずです。
20171117_centOS7.NAT.jpg


20171117_centOS7.NAT1.jpg


TeraTermから接続確認して見た所

予想通り、

アクセスできませんでした。

「NAT」接続で

ゲストOSのCentOS7には

これが正しい状態になっているはずです。


そっか、ブリッジ接続がうまくいったので
その後に
NAT接続に挑戦

その後、「TeraTerm」からも接続できたと
勘違いしていたみたいです。

ポートフォワード設定していないから

外からは

外部からは

ゲストOSのCentOS7には

アクセスできないはずですから


補足として
ホストOS
Windows7の32ビット
DHCPでIPアドレス取得

ゲストOS
CentOS7
DHCPでIPアドレス取得

うーん、ブリッジ接続時は
この設定でよかったはずだけど

NAT接続で
うーん、勘違いしてしまっていようような・・・

ホストOSのWindowsでは
DHCPでIPアドレス取得はいいはずだけど

変換して使うはずだから

ゲストOS
CentOS7では
DHCPでなくて

固定IPアドレスにして
変換して使うようになるはずだと・・・

仮想マシンで
VMware Playerを使っていると

そうなるはず・・・
タグ:NAT接続 CentOS7
posted by IT特定派遣さん at 05:53 | VMware Player NAT接続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年11月16日

【CentOS7】NAT接続で外部にPING送信ができるようにゲートウェイの

NAT接続で、インターネット接続、外部にPING送信できなかったけど
20171116_nat_centos7.jpg


VM ware Playerの画面をスクリーンショット撮りましたが
青色になっているの分かると思います。

CentOS7では、
GUIからネットワーク設定ができるというもの

コマンドが
「nmtui」というコマンド実行すると


20171116_nat_centos7_1.jpg


このような画面が表示されて

ネットワークの設定

IPアドレスとか
デフォルトゲートウェイの設定とか

その後は、
ネットワークのリスタートのコマンドで


NAT接続で、インターネット接続、外部にPING送信できなかったけど

デフォルトゲートウェイの
値を変えたらうまく


外部にPING通るようになりました。


今回は仮想マシンで
CentOS7という環境で
VMware Playerを使て

「NAT」接続したいという事でしたが

ブリッジ接続に関しては

ホストOSのネットワーク設定に合わせるような感じが

ゲストOSの、今回で言えば
CentOS7にも必要だったのですが
IPアドレスや、デフォルトゲートウェイなど
ブリッジ接続では
同じ、ネットワークに属するように
ホストOS
192,168.10.xx
ゲストOS
192.168.10.TT
デフォルトゲートウェイは同じ(完全に同じものを使用)


NAT接続に関しては
ホストOS
192,168.10.xx

ホストOSの「VMnet8」
コントロール パネル¥ネットワークとインターネット¥ネットワーク接続に表示されている
「VMnet8」を使うという感じ
ゲストOS
XX.UU.XXX.GG
デフォルトゲートウェイは
XX.UU.XXX.PP

全く別のIPアドレスが
ホストOSの「VMnet8」に付けられていて
それを
仮想マシン上の
IPアドレスと
デフォルトゲートウェイに設定すれば
これだけでよかったみたいです。

ブリッジ接続した時の
同じネットワーク
ホストOSとゲストOSという概念とは
全く別の

ほんとの別物の
IPアドレスと
デフォルトゲートウェイの値を

しかも、
自動的に
ホストOS側で設定された
値を使うという事


補足として
ホストOSには
Windows7の32ビットを使っています。
タグ:NAT接続 CentOS7
posted by IT特定派遣さん at 07:47 | VMware Player NAT接続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年11月15日

【NAT接続】VMware PlayerでCentOS7の起動直後の確認、外部接続は

NAT接続に挑戦してみたいと思います。
ブリッジ接続では、インターネット接続(PING送信)ができるようになったので
Windows7の32ビットのノートパソコンに
VMware Playerを使って「仮想マシン」
CentOS7の環境を構築


20171115_nat_centos7.vmplayer.jpg


ゲストOSのCentOS7で
ログインして
IPアドレスの取得できているか?

あとは、デフォルトゲートウェイの設定はできているか?
確認してみると

ログイン直後に

しっかり、
CentOS7のコマンド
ip a

ip r

NAT接続に設定して
すぐに、うまくゲストOSのCentOS7で
動いているような感じ

まさか?ここまで簡単に?と思って

外部接続は?
ここが、まだNAT接続では
良く分かっていないけど・・・・

PING送信で確認してみようと・・・

さすがにこれは、無理だったようです。

インターネット接続
外部接続には


NAT接続には

やっぱり、ポートフォワード設定が必要になる??


ホストOSの
Windows7のノートパソコンから
TeraTermで

接続確認してみると・・・・

これは
上手く接続できたようです。

20171115_nat_centos7.vmplayer1.jpg


ちょっと予想外です。


そうそう「DHCP」でIPアドレスの取得している
Windows7のホストOSと

ゲストOSの方でも
CentOS7でも「DHCP」で

NAT接続

ゲスト側のOSで
IPアドレス取得で

デフォルトゲートウェイ設定できているようだし

いやいや、

外部接続
インターネット接続

PING送信成功には

ちょっと調べたり検索したりする必要がありそうな感じ
posted by IT特定派遣さん at 06:58 | VMware Player NAT接続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
windows linux excelなど困ったこと