¥マークが表示できない
¥を使う必要がある

普通に「¥」を入力して表示を確認すると
「\」と表示されてしまいます
ワード・エクセル・パワーポイント・アクセスを動画で楽々マスター!動画パソコン教室!【楽ぱそDVD】オフィス2016
最近の記事
2017年11月07日

【CentOS7】仮想マシンブリッジ接続に?仮想ネットワークエディタ

仮想マシンとして、ホストOSにWindows7の32ビット
「VMware Player」を使って
ゲストOSには、CentOS7


ブリッジ接続」で
ホストOSと、ゲストOSのPING送信できるようになったけど
次の段階として、外部接続したい。ゲストOSの「CentOS7」から
PING送信できるようになりたい。

インターネットで
ゲストOSから、インターネット接続できない
などで検索していくと

もしかして「仮想ネットワーク エディタ」に可能性があるみたい??

ダメ元で
ちょっと試してみようかと

「VMware」からダウンロードする必要があります。
「仮想ネットワーク エディタ」を使うには


ダウンロードしたものを
ホストOSのWindows7で実行する必要があります。


コマンドプロンプトを使って
解凍に、展開に

20171028_vmplayer_brige_centOS7_3.jpg


「core.cab」を開いてみると
20171028_vmplayer_brige_centOS7_4.jpg


vmnetcfg.exeファイルが必要です。
20171028_vmplayer_brige_centOS7_5.jpg


_vmnetcfglib.dllファイルが必要になります。
このファイル名を変更するようです。
_vmnetcfglib.dllを
vmnetcfglib.dll
20171028_vmplayer_brige_centOS7_6.jpg


「VMware Player」フォルダに二つのファイルを移動します。
vmnetcfg.exe
vmnetcfglib.dll

20171028_vmplayer_brige_centOS7_8.jpg


仮想ネットワーク エディタ」を開く事ができました。
この画面です。
使いたかったのが
vmnetcfg.exeをダブルクリックで起動できます。
20171028_vmplayer_brige_centOS7_7.jpg


とうとう
仮想マシンとして、ホストOSにWindows7の32ビット
「VMware Player」を使って
ゲストOSには、CentOS7を構築して

ブリッジ接続したいという事ですが

この
「仮想ネットワーク エディタ」を開いて

初めて

ブリッジ接続」に使われる

VMnet0」を

見る事ができました。

ホストOSのWindows7側の
コントロール パネル¥ネットワークとインターネット¥ネットワーク接続

でも

「VMnet0」が表示されないみたいで

どうなっているのか?

見えない感じで、不安になっていましたが


ちゃんと、「ブリッジ接続」できているのか?
「VMnet0」を利用できているのかって??


「ブリッジ接続」では使わないと言われている
VMnet1
VMnet8

に関しては

ホストOSのWindows7側の
コントロール パネル¥ネットワークとインターネット¥ネットワーク接続

表示されてて

「無効」としていましたが


追記
ゲストOSのCentOS7から
インターネット接続できない。
PING送信が出来ないという問題で

「仮想ネットワーク エディタ」を試してみましたが

今回の現象解決には
もしかして「仮想ネットワーク エディタ」必要なかったのかも?

ゲストOSのCentOS7のIPアドレスを
固定IPアドレスのみで
ブリッジ接続挑戦し続けていましたが

ゲストOSのCentOS7のIPアドレスを
「DHCP」に変更すると
CentOS7から、インターネット接続
外部にPING送信できるようになりました。


おそらく?
グローバルIPアドレス持っていないのに
ゲストOSのCentOS7のIPアドレスを
固定IPアドレスで「ブリッジ接続」しようとしていたから?

ホストOSのWindows7の方は
一般的な、DHCPでIPアドレス自動的に取得している感じです。

うーん、どうでしょうか?

グローバルIPアドレス持っていないから
DHCPでのみしか

インターネット接続できないはず

ゲストOSのCentOS7に関しても?

「DHCP」を使ってブリッジ接続で
これがゴールであれば
「仮想ネットワーク エディタ」なかったような気持ちも・・・・
posted by IT特定派遣さん at 05:25 | 仮想ネットワーク エディタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年11月01日

【ブリッジ接続】「仮想ネットワーク エディタ」エラーvm-support

VMware Player「仮想ネットワーク エディタ」でエラーが発生して
エラーメッセージを

英和で調べてみました。

VMware Workstation unrecoverable error
VMware Workstationの回復不可能なエラー

To collect data to submit to VMware support, choose "Collect Support Data" from the Help menu.
VMwareサポートに提出するデータを収集するには、[ヘルプ]メニューの[サポートデータの収集]を選択します。


You can also run the "vm-support" script in the Workstation folder directly.
Workstationフォルダ内の "vm-support"スクリプトを直接実行することもできます。

もしかして、このスクリプトが
VMware Player「仮想ネットワーク エディタ」でエラー解決に解消には必要?

かと思って

Windows7で
VMware Playerフォルダで

"vm-support"スクリプト

を検索してみると

ありました。
20171101_vmwareplayer_vmscripts.jpg


「vm-support.vbs」という名前のファイルがありました。


もしかして、この

「vm-support.vbs」スクリプト実行で

VMware Player「仮想ネットワーク エディタ」でエラーなくなるかも??


Windows7の環境での
実行になります。


仮想環境を構築していると

どの環境で実行するとか
確認するとか
混乱してしまいがちですが。


念のために
環境状況的には
ホストOSとして
Windows7の32ビット

VMware Playerを使用して

仮想環境上に

ゲストOSとして
CentOS7

ブリッジ接続したい。

インターネット接続ができるように

仮想環境の
ゲストOSのCentoOS7から


こちらが実現できていません・・・・

そこで
VMware Player「仮想ネットワーク エディタ」

という存在を知って

ブリッジ接続を明示的に設定できる

VMnet0に

という流れですが

肝心のVMware Player「仮想ネットワーク エディタ」

ブリッジ接続の設定の所でエラー発生中です。
posted by IT特定派遣さん at 06:55 | 仮想ネットワーク エディタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ブリッジ接続】VMware「仮想ネットワーク エディタ」でエラーが

20171101_vmware_player_error.jpg

VMware「仮想ネットワーク エディタ」でエラーが発生です。
ブリッジ接続の設定をしようと


「vmnetcfg.exe」を実行して
VMnet0
ブリッジ先を指定して

「OK」をクリックすると

20171101_vmware_player_error1.jpg


このようなエラーメッセージが
表示されています。

VMware Workstation Error
VMware Workstation unrecoverable error: (vthread-4)
Unicode_FindSubstrInRange: invalid UTF8 string @ 17C7908
"C:¥Users¥xxx¥xxxx¥xxxx¥Temp¥vmware-test¥vmware-vmnetcfg-6492.log".

To collect data to submit to VMware support, choose "Collect Support Data" from the Help menu.
You can also run the "vm-support" script in the Workstation folder directly.
We will respond on the basis of your support entitlement.


実行環境は
Windows7の32ビットのノートパソコンで


vmnetcfg.exe」を実行した結果です。


Windows7に
VMware Playerをインストールして

仮想環境上に
CentOS7を構築

ブリッジ接続

ゲストOSの「CentOS7」からインターネット接続できない・・・・

PING送信が成功しないという事で


VMware「仮想ネットワーク エディタ」
というものがあるとして

これをダウンロードして

ようやく

ブリッジ接続時に使用すると思われる

VMnet0」を確認できて


そちらに、ブリッジ先を指定して

うまく行きそうな予感がしていましたが・・・


ダイヤログに
出力ログのパスが記載されていたので

いちお見てみましたが

うーん、ダイヤログのエラーメッセージくらいしか?

良く分かりません・・・・


同じ事がログ上で表示されているみたいだけど・・・・


エラーメッセージで

検索してみないと


インターネット上で
英和で検索してみました
エラーメッセージを
You can also run the "vm-support" script in the Workstation folder directly.

こちらが
このような和英してくれました。
あなたはまた、直接ワークステーションのフォルダ内の「VM-サポート」スクリプトを実行することができます。
posted by IT特定派遣さん at 05:57 | 仮想ネットワーク エディタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
windows linux excelなど困ったこと