¥マークが表示できない
¥を使う必要がある

普通に「¥」を入力して表示を確認すると
「\」と表示されてしまいます

最近の記事
2017年11月14日

【NAT接続】VMware Playerを使って、ゲストOSのCentOS7外部接続も

ブリッジ接続ができるようになったので
Winodws7の32ビットのパソコンに
「VMware Player」を使って
仮想マシンに、CentOS7の環境で


次に「ブリッジ接続」の次に
「NAT」接続してみようかと
今までは「ブリッジ接続」中心に見てきました

「NAT」接続するためには
どのような設定が必要になるのか
インターネット上で調べてみた感じでは

VMnet8を使うみたいです、「NAT」では
ブリッジ接続では「無効」設定にしていましたが
20171114_nat_centos7_vmwareplayer.jpg


VMnet8のインターネットプロトコルの所が
ちょっと関係していそうです「NAT」では

20171114_nat_centos7_vmwareplayer1.jpg


VMware Player」の設定でも
NATを選択する必要
20171114_nat_centos7_vmwareplayer2.jpg


ここからは
もしかして不要になる?
「NAT」接続では?
ブリッジ接続の時にも
もしかして不要だった??
仮想ネットワークエディタ
20171114_nat_centos7_vmwareplayer3.jpg



20171114_nat_centos7_vmwareplayer4.jpg


20171114_nat_centos7_vmwareplayer5.jpg


NAT接続でも
もちろん、ゲストOSのCentOS7から

外部接続

インターネット接続したいから

もしかして、

NAT接続では
[port forwarding]
ポートフォワーディングというものが必要になりそう??

そのためには
posted by IT特定派遣さん at 07:48 | VMware Player | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月29日

【CentOS7】ネットワーク設定「ens」表示しない、CentOS.vmxに追加

20171029_vmwarePlayer_centos7_2.jpg


VMware PlayerでゲストOSとして「CentOS7」を構築して
CentOS7」なので

ifconfigコマンドでなくて
「ip a」のコマンドで
IPアドレスを確認です。

でも、
VMware PlayerでゲストOSとして「CentOS7」で
IPアドレスが確認できない?


ip aコマンドで

今回のゲストOSとして「CentOS7」では

「ens33」というものが表示されなかった問題では

「VMware Player」の

設定ファイルの編集が必要となっているようです。

対象のファイルが
CentOS.vmx


VMware Playerでインストールした時にできたフォルダ
「CentOS」フォルダの直下に

「CentOS.vmx」があります。

20171029_vmwarePlayer_centos7.jpg


このファイルに
1行追加する必要がありました。


etherner0.virtualDev = "e1000"
20171029_vmwarePlayer_centos7_1.jpg


CentOS.vmx」ファイルに
1行追加しないと
etherner0.virtualDev = "e1000"」を記入して保存しないと


VMware PlayerでゲストOSとして「CentOS7」で

IPアドレスの確認

ネットワーク設定が出来ないという事みたいです。


たしかに、
「CentOS7」なので

ifconfigコマンドでなく

ip aコマンド実行で

しっかり
今回の場合では

「ens33」が表示されるようになりました。


仮想化環境で

このような状況

「ensxx」が表示されないって

事象が多々あるようです。


仮想環境の場合は
どこを修正すべきか?

かなり悩みますよね。

ホストOS側の設定?

それとも

ゲストOS側の設定??

はたまた

今回の仮想化では

VMware Playerを使っているので

こちらの設定変更が必要?

今回のCentOS7の仮想環境構築では

知らない、分からない事ばかりです・・・


CentOS7から
コマンドがガラッと変わっているようです。

今まで使えていたコマンドが
変ってしまっている、使えない様になっているようです。
posted by IT特定派遣さん at 18:56 | VMware Player | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月28日

【VMwarePlayer】vmwareから仮想ネットワーク エディタをゲストOS

20171028_vmwarePlayer_vmnet.jpg

どうしてもゲストOSから、「CentOS7」から
インターネット接続ができない。ブリッジ接続をしたい

Windows7に、「VMware Workstation Player」を使って
「CentOS7」を構築しましたが。

色々検証してみたりしましたが

どうしても、ゲストOS「CentOS7」のネットワーク設定を確認したり
しましたが、デフォルトゲートウェイにPING送信できない状態です。

インターネットに接続できない状況です・・・・

今日も解決のために
インターネットで検索してみると

「仮想ネットワーク エディタ」というワードが

「vmware」のホームページで見かけました。


そういえば、今まで散々

インターネット接続ができない。
「VMware Workstation Player」上の
「CentOS7」から

検索していると

GUIのネットワーク設定をできる画面を見ていましたが


どうやら、今日「vmware」で見かけた

「仮想ネットワーク エディタ」というものになるようです。


これを使えば

「ブリッジ接続」でインターネットを


ゲストOSから、「CentOS7」から行えるようになりそうな予感。


「仮想ネットワーク エディタ」というものをダウンロードしないと

いけないようです。

「vmware」から


登録しないと
ダウンロードできないようなので

フリーメールアドレスで登録して

----------------------------------------------------
VMware Workstation for Windows

ファイル サイズ: 490M
ファイル タイプ: exe

VMware Workstation for Windows
Product installation including VMware Tools for 32-bit and 64-bit operating systems.
MD5SUM: 4adc77d37ae1107950156b6d330ac948
SHA1SUM: 576f6e8df106aabd164bb3ba625b939d3270b1e6

Name: VMware-workstation-full-10.0.0-1295980.exe
リリース日: 2013-09-03
ビルド番号: 1295980
-------------------------------------------------------

今回はこちらをダウンロードしてみました。

ホストOSが
32ビットの「Windows7 Home Premium」になります。

「VMware Workstation Player」の
「vmware」から

ダウンロードという事で


とうとうゲストOSの「CentOS7」から
デフォルトゲートウェイに

インターネットにPING送信できるようになりそうな予感です。

20171028_vmwarePlayer_vmnet1.jpg


ブリッジ接続をするには
VMnet1
VMnet8
を使わないような感じ、検索してみると

「ブリッジ接続」には
VMnet0が必要みたいだけど

Windowsのネットワークの所を見ても

VMnet1
VMnet8しか表示されていなくて・・・・

無料の「VMware Workstation Player」を使っているかなって?

思っていたけど??

ここの所を

「vmware」から
「VMware-workstation-full-10.0.0-1295980.exe」をダウンロードして

「仮想ネットワーク エディタ」を使えるようになると

GUI上で見れるようになるはず??


ブリッジ接続に必要なはずの

VMnet0が・・・・
posted by IT特定派遣さん at 16:52 | VMware Player | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月25日

【CentOS7】ゲストOSからインターネット接続できない、ファイアー

仮想環境のゲスト側CentOS7と
ホスト側のWindows7の
「PING」送信ができるようになったので
20171025_centos7_win7_ping.jpg


20171025_centos7_win7_ping1.jpg

そのまま、ゲスト側CentOS7から
インターネット接続が出来るかと思っていましたが・・・・

これは、まだ無理のようです。

環境的には
Windows7 Home Premium32ビット
「VMware Workstation Player」
CentOS7


仮想環境上のゲストと
ホストがPING通るようになったのに

まだインターネット接続できないので

ネットで検索してみると

次は
CentOS7の設定が必要になっているような感じ

こちらの設定のために

インターネット接続が出来ない状態みたいです。

CentOS7の設定の
ファイアーウォール

SELinux


これらの設定変更しないと

ゲストの「CentOS7」から

ネット接続できないような感じがします。


補足
IPアドレスの設定については
ホスト側の
Windows7の方では
DHCPで自動
「IPアドレスを自動的に取得する」
通常のWindowsのパソコンの設定のまま

ゲスト側
CentOS7の方では
Windows7のDHCPで自動で取得されている
IPアドレスを

IPConfigで確認できた

IPアドレスを最後を変えた物を使用。


Windows7のIPアドレス
「XXX.XXX.XXX.XXX」

CentOS7
「XXX.XXX.XXX.OOO

このような感じになります。


追記
ゲストOSの
CentOS7から
PING送信確認として
「デフォルトゲートウェイ」にも送信できないようです。

この「デフォルトゲートウェイ」のIPアドレスは

ホストOS
Windows7の使っている「デフォルトゲートウェイ」をそのまま

CentOS7の「デフォルトゲートウェイ」として
IPアドレス使っています。

ルーターのIPアドレスという事ですが

ここにすら
ゲストCentOS7から
PING送信が上手くいかないという事みたいです。
posted by IT特定派遣さん at 06:59 | VMware Player | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月20日

【CentOS7】ネットワーク再起動エラー、なぜ?原因は?ログを見て

ホストOSがWindows 7 32bit自宅のノートパソコンで検証しています。Linuxを確認してみたくて
仮想環境にCentOS7を作っている状態です。
20171019_centos_saikidou_error.jpg

ゲストOSのCentOS7から、インターネット接続ができません・・・
いろいろ挑戦してみてはいますが

仮想環境の「VMware Workstation Player」の上に
Linuxの「CentOS7」


環境構築、CentOS7のインストールまでは
問題なく出来たのに・・・
CentOS7の設定、変更している内に

ネットワークの再起動すら
エラー」になってしまって・・・

今度は
このCentOS7のネットワークの再起動エラー解消は・・・

どうすれば・・・

CentOS7のネットワーク再起動コマンド
systemctl restart network.service

ステータスを確認するコマンド
systemctl status network.service


再起動コマンドを実行すると

このような感じに
systemctl status network.service
journalctl -xe
for details

ステータスを確認して

あとは??
「journalctl -xe」??


CentOS7
ネットワーク再起動が

上手くいかない原因、成功しないのが

ログを見て分かればいいけど・・・

英語なんて分からないけど・・・・


こんなコマンドあるのかな?
試しに

「journalctl -xe」を実行してみると
20171019_centos_saikidou_error2.jpg


CentOS7では
このコマンド存在していたようです。
ログが表示されている感じ
「journalctl -xe」を実行した結果

20171019_centos_saikidou_error3.jpg


ネットワーク再起動時の
エラーの内容

なぜ?原因?
どこでエラー発生がわかるといいけど、

いちお、ログが表示出来たので見てみると

次々、ログが見れますね。

「journalctl -xe」の実行結果で

20171019_centos_saikidou_error4.jpg


ログを見ていると

/etc/syscofig/network-scripts/の配下のファイル

ifcfg-eth0のバックアップとして
コピーして作成した

「ifcfg-eth0_bk」
こちらのファイルのため、エラーになっている?ようです。

もしかして
この
/etc/syscofig/network-scripts/の配下
には必要ないファイルをおいてはいけないのかも??

これがネットワーク再起動がエラーになってしまっているような予感・・・


20171019_centos_saikidou_error5.jpg


試しに、/etc/syscofig/network-scripts/の配下

「ifcfg-eth0_bk」ファイルを削除して

もう一度

ネットワークの再起動コマンドを実行してみると

CentOS7のコマンドとしては
こちらになります。

systemctl restart network.service

エラーなく

ネットワーク再起動ができたようです。


エラー発生していません。

エラー解消できたようです。




コマンドが
CentOS7から、ガラッと変わっているので
それまでのバージョンで使えていたコマンドが使えないとか

「CentOS7」で使えるコマンドを調べる必要がありますね。
posted by IT特定派遣さん at 05:52 | VMware Player | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月19日

【CentOS7】ネットワーク設定「DHCP」、GUIのnmtuiからも確認して

20171018_centos7_dhcp2.jpg

VMware Workstation Playerの仮想環境に
CentOS7の環境です。


インターネット接続が
ネットワーク接続がうまくいっていません。


/etc/syscofig/network-scripts/
こちらの配下の

ifcfg-eth0の修正を沢山繰り返し行っていますが・・・・

固定IPアドレスに挑戦して

インターネット接続できない、
PING送信できない・・・

だったら

固定IPアドレスが無理なら
「DHCP」設定にしたら・・・

これも無理・・・・

「ifcfg-eth0」を直接
viでファイルを変更、編集して保存して・・・

CentOS7では

GUIからの更新、設定を推奨しているとか?


VMware Workstation Playerの仮想環境に
CentOS7の環境には

まだGUI環境なしです。

デスクトップ環境もないです。

CentOS7の端末から
コマンドプロンプトから

いや「ターミナル」って呼びますよね、きっとプロンプトでなくて

コマンドを入力すると

nmtui」になります。

GUI画面が表示されます。

「ifcfg-eth0」を変更できる画面になります。


20171018_centos7_dhcp3.jpg


20171018_centos7_dhcp4.jpg


20171018_centos7_dhcp5.jpg



直接「ifcfg-eth0」ファイル編集していたけど

こちらの
「nmtui」コマンドから
GUIでも多少変更してみましたが・・・・


まだ、ネットワークの再起動

いや、ネットワークの起動すら


DHCPを使う感じのファイルに変更したため?

上手くいかない状態に・・・・



「nmtui」コマンドで
ネットワーク設定するのが推奨されているとか

GUI画面での設定方法が

これと

直接ファイル編集
ifcfg-eth0
結果的に同じだろうけど

GUI画面で操作するか?

直接今まで通りの
ファイル編集をするかって?

「CentOS7」からコマンドもそうですが
このようにGUIで操作できる画面があるとか
推奨されているとか

ネットで検索して調べる時には

バージョンに注意して
CentOS7で探さないと行けなそうな感じ
posted by IT特定派遣さん at 06:01 | VMware Player | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月18日

【CentOS7】固定IPアドレス設定がうまくいかない、DHCPだったら?

20171018_centos7_dhcp.jpg


CentOS7を、仮想環境で構築したけど
どうしてもインターネット接続ができません・・・

Windows7の32ビットのノートパソコンに
「VMware Workstation Player」をインストールして

その上に、「CentOS7」

この「CentOS7」に
固定IPアドレスを設定して

インターネット接続できるようにしたいけど・・・・

一向にうまくいかないので


それなら、まず、
固定IPアドレス無理なら

「DHCP」ならインターネット接続できるなら・・・
仮想環境の「CentOS7」からも


と思って

/etc/syscofig/network-scripts/
配下のファイル
ifcfg-eth0を修正してみて
「DHCP」設定にしてみました。


そして、ネットワークの再起動してみると

CentOS7のコマンドで
ネットワーク起動
systemctl start network.service

ネットワーク再起動
systemctl restart network.service

なんと

エラーが発生してしまうようになってしまいました・・・・


「DHCP」接続で
設定したかったのに
記載ミスがあるのか?
足りないのがあるのやら・・・・


ip aコマンドで確認してみると

IPアドレス取得できていないようです・・・

表示されていません・・・

コマンドの結果にも


20171018_centos7_dhcp1.jpg


Windows7の32ビットのパソコンに
「VMware Workstation Player」をインストールして

「CentOS7」を仮想環境として構築して


インターネット接続できない。

これもネット検索して

いくつか試せば、すぐに接続できるようになるはずって思っていましたが・・・・


どこが問題、設定不備のやら??


Windows7の環境では
DHCPを使ってインターネットしていますが


うーん、
こういう環境で

状況で同じように

仮想環境として

「VMware Workstation Player」を使って

CentOSを作っている人沢山いるはずなのに・・・・
posted by IT特定派遣さん at 20:10 | VMware Player | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月17日

【CentOS7】ネットつながらない、ネットワーク設定をWindows7にも?

CentOS7からPing送信が成功しないって事に関しては
「VMware Workstation Player」の設定自体は

こちらのみのような気が・・・・
20171017_centos7_vmware_player.jpg


Windows7の32ビットのノートパソコンに
「VMware Workstation Player」をインストールして

その上に
仮想環境として
CentOS7

そのCentOS7からインターネット接続できないって事ですが


となると

やっぱり、CentOS7の
ネットワーク設定がまずいような気が・・・・

IPアドレスなどの設定は

「CentOS7」では
20171017_centos7_vmware_player1.jpg


このファイルで
IPアドレスとか
「CentOS7」に対して行っていますが

うーんこの値とかが

Windows7の方にも

反映すべきしなくてもいいのかな??

Windows7では

VMware Network Adapter VMnet8の方が
関係あるような感じが
ネットを検索していると

20171017_centos7_vmware_player2.jpg


うーん、

まだ「CentOS7」から

PING送信、ネット接続が出来ない状態です・・・・

posted by IT特定派遣さん at 07:35 | VMware Player | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする